ワールドカップ敗退

日本はコロンビアとの試合で4-1で負けてワールドカップ敗退が決まった。

一夜明けた今日も選手たちが悔しい気持ちを記者会見で話していた。

批判を言うことは簡単だが、ワールドカップという目標に向かって努力してきた選手や監督は素晴らしいと思う。いくらくじけても這い上がってワールドカップという舞台に立った日本代表は結果は褒められるものではないが、あきらめずに目標に向かう姿勢は見習わなければならないと思った。

サッカーに関して言えば日本はまだまだ弱小国で、実際にワールドカップで優勝などは夢のまた夢のまた夢の・・・・というレベルである。

しかし本田選手も言っていた通り、やるからには優勝を目指して頑張るというのは当たり前で、それを口にできる選手はすごいなと思う。どうせ無理だろうと周りは思っているけど、いとも簡単にマスコミの前で優勝という言葉を口にするのはとても勇気がいることだと思う。

優勝という言葉を発するだけで、どうせ無理だろなどという人たちがいるのは目に見えてわかっているからだ。それでもしっかりと目標はときかれると優勝と答えられる人はすごいと思う。

世界と戦える日になるにはまだまだ時間がかかると思うが、こういう周りを鼓舞できる選手というのは絶対に必要だと思う。

本当に日本代表の皆さんお疲れ様。

ワールドカップはこれから決勝トーナメントに入るとさらに楽しくなるだろう。